炎炎ノ消防隊 2期12話 あらすじと感想(ネタバレあり)

炎炎ノ消防隊 弐の章 第12話、すごく面白かったですね!

内容をネタバレしながら、感想を書いていきたいと思います!

2期12話 あらすじと感想

前回は紅丸が突然倒れたところで終わり

「もしかして、紅丸死んじゃったの!?」

と思ってしまいましたが、そんなことはなかったですね。

開始早々起き上がってくれました。

さすが「最強の消防官」です。

 

聖陽教の信徒たちを倒し、ネザーに入っていくジョーカーと紅丸。

シリアスな場面ですがちょっとしたギャグも挟みつつ、テンポよく進行していきます。

 

ジョーカーの過去が明らかに

そして、ジョーカーの古巣だという聖陽教の暗部と接触します。

ここからジョーカーの過去が明らかになっていきます。

ここは見るのがとてもつらかったですね…

ジョーカーの幼少期を演じていたのは藤原夏海さんでした。

隊長に虐げられ続けた辛いシーンをしっかり演じていましたよね。

 

ジョーカーが少し大人になったなぁと思ったら、なんと声がまた別の人!

青年期ジョーカーを演じたのは畠中祐さんでした。

男性キャラの幼少期を別の女性キャストが演じるのは定番ですが、

現在と青年期を分けて、キャラ1人に3人のキャストを充てるのはなかなか珍しいですよね!

3人とも演技が素晴らしかったですし、声優好きとしてはかなりテンションが上がりました!

聖陽教の陰とのバトル

ジョーカーの辛い過去回想が終わり、バトルシーンに突入です。

まずは紅丸が大勢の敵をどんどん倒していきます。

さすが紅丸、という感じでとてもかっこよかったですよね!

 

次はジョーカーの因縁の相手とのバトルに入ります。

敵の攻撃が飛んできたと思ったら、突然の

「ジャバラバンバランバ」

というよくわからないネーミングに笑ってしまいましたが、

シリアスな戦闘シーンが続きます。

 

ジョーカー絶体絶命かと思われたとき、

ジョーカーが歌い始め、幻覚を見せる技を使って敵を瞬殺しました。

この幻覚のシーンはカラフルな煙やピエロの演出が凝っていて

ジョーカーの技の不気味さや相手の絶望感が上手く表現されていましたね。

 

さて、この技が最後の切り札かと思われましたが、そうではなかったようです。

なんとここで第1特殊消防隊の大隊長、レオナルド・バーンズが現れて、

2期12話は終了となりました。

 

まとめ

今回はジョーカーの過去が明らかになりました。

ジョーカーはアニメ初期ではラスボスのような雰囲気で描かれていたので

前回紅丸を真正面から聖陽教の教会に乗り込むことに勧誘したときは少し違和感がありましたが、

今回の過去回想や戦闘シーンでは

「ジョーカー主人公じゃん」

とまで思ってしまいました。

本当の主人公である森羅は出てこなかったですしね。

というか第8のメンバーが一人も出てこないという珍しい回でした。

 

演出やキャスティングのこだわりもたっぷりつまって、内容的にもとても面白いという

素晴らしい回だったと思います!

炎炎はまだまだ続きそうですので、これからも楽しみですね!

 

アニメ炎炎ノ消防隊 公式サイト